2012年03月29日

ヤラセ疑惑にバナナマンが激白「みなさんのおかげでした」の買うシリーズは出演するだけで大金が消える


『みなさんのおかげでした』の名物企画、“買うシリーズ”。

なにも聞かされていない芸人を店に連れ出し、高額商品を強引に自腹で買わせる企画だ。

この企画はあくまでも「高くても使える、良い物を買う」がコンセプトであるため、購入後にグチをこぼす芸人は少ない。しかし本心ではどうだろうか。いまやこの企画の常連となっているバナナマンの2人が本音を吐露した。→here

3月22日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)は、バナナマン・設楽統が同局の新番組『ノンストップ!』で月曜から金曜までの帯番組出演が決定したということを受けて、有名ファッションブランド“ヒューゴ・ボス”でスーツを買おうというものだった。

最初は「スーツは、衣装で用意してもらうから必要ない」と嫌がる設楽ではあったが結局、月〜金曜日に着用できる計5着、合計125万円のスーツを自腹で買うことになった。この企画で、過去に設楽はスーツ27万円、日村勇紀は時計やスーツなど合計300万円ほど支払っており、図らずもレギュラーになってしまっている。

そんなバナナマンが『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』Podcastで、本音を吐露した。

実際のところ、この番組は出演料を考えても出演するだけお金が掛かるという。しかし設楽は、この“買うシリーズ”を肯定的に捉えていた。


本音は「このお金があれば、(自分の欲しいモノの)何が買えただろう?」と思うこともあるそうだ。だが同じ300万円を使うのでも、視聴者に喜んでもらい、品物も本当に良いものだからと「有意義にお金が使えた」と結果としてはとても満足していると語った。

また日村は、この企画に出るようになって、田舎のおばさんにまで(この企画で購入した)時計の話をされ、認知度が上がっていることを実感しているようだ。

この企画、本当に自腹なのかという疑惑もあるが、設楽の発言を聞く限りでは、それを勘ぐる余地はないように思える。設楽は、本気でお笑いに取り組んでいるのだから、「買わされてかわいそう」と思うのはやめて欲しいと語る。


ならば、新番組『ノンストップ!』で“ヒューゴ・ボス”を着用している設楽を見て、笑ってしまおうではないか。ENTER
http://news.livedoor.com/article/detail/6415886/

posted by NEWS チャンネル22 at 21:38 | Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
芸能人なら出せちゃうかもって夢があると思うんだ
Posted by at 2012年03月30日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。